精密板金とは

精密板金は、大まかに分けると機械板金の板金加工になります。また、精密板金における厳密な決まりはありませんが、一般的には自動板金や建築板金に区別されることもあります。

精密板金を利用する

婦人

板金加工と精密板金の違い

板金加工と言えば、日常的に目にするものとして自動車板金や建築板金の方が馴染みがあるのではないでしょうか。しかし、加工設備・材料・方法・大きさなどの面におえては違いがあるのです。

素材として用いる板金材料や材質

自動車板金や建築板金は、鉄板やステンレス板やアルミ板が主に使われています。しかし、精密板金には銅板・りん青板・バネ用りん青銅板などと言った伸銅品材料も使用でき幅広く利用ができるでしょう。

加工精度の高い精密板金

精密板金は板厚t3.0程度までの薄板金属を用いた部品・筐体製品が多く、厳しい寸法公差や加工精度が要求されます。その為、多くの曲げ箇所がある複雑形状となる板金部品になることも少なくはありません。

精密板金に関する口コミ

加工図面の書き方が分からくても大丈夫ですよ!

加工図面の書き方が分からないので大丈夫かなと思っていました。しかし、図面の書き方や用紙のサンプルがあるので安心ですよ!

しっかりと見積もりを出しましょう!

精密板金を依頼する時は、見積もりを出してもらうようにしましょう。見積もりの内容が分かっていれば予算オーバーになることはありませんよ。

図面がなくても大丈夫!

図面がないので問い合わせたところフリーハンドのスケッチでも良いと言われました。わざわざ用紙を用意することもなく依頼できたので気軽に利用できました!

試作もしてくれる

試作をして欲しいと思い問い合わせました。そしたら、快く対応をしてくれて試作を作ってもらうことができましたよ!

予想以上に綺麗な仕上がりでした

精密板金は仕上がりが綺麗と聞いていました。しかし、手元に届くと予想以上に綺麗で驚きました!

精密板金・板金加工のコスト

精密板金・板金加工のコストは、材料費と加工費を合算したものが基本となります。また、少しでもコストを抑えるには製品の条件を満たす範囲で材料を選ぶようにしましょう。